無添加化粧品とは・・・
そもそも無添加化粧品とは何を指すのでしょうか?
無添加化粧品=旧表示指定成分無添加化粧品とは、2001年3月まで厚生省(現在の厚生労働省)が表示を義務付けていた表示指定成分表(旧表示指定成分表)を含んでいないものを指していたようです。
※ただし、2001年4月より化粧品の全成分表示が義務付けられています。よって、無添加とうたわれているBBクリームを選択する際にも、自分の目で実際に配合されている成分をきちんと確かめ、何が無添加なのかをしっかりと見極める必要があります。

化粧品の全成分表示について

※医薬審発 第163号 医薬監麻発 第220号 平成13 年3月6日より抜粋

(1)
成分の名称は、邦文名で記載し、日本化粧品工業連合会作成の「化粧品の成分表示名称リスト」等を利用することにより、消費者における混乱 を防ぐよう留意すること。
(2)
成分名の記載順序は、製品における分量の多い順に記載する。ただし、1%以下の成分及び着色剤については互いに順不同に記載して差し支えない。
(3)
配合されている成分に付随する成分(不純物を含む。)で製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの(いわゆるキャリーオーバー成分)については、表示の必要はない。
(4)
混合原料(いわゆるプレミックス)については、混合されている成分毎に記載すること。
(5)
抽出物は、抽出された物質と抽出溶媒又は希釈溶媒を分けて記載すること。ただし、最終製品に溶媒等が残存しない場合はこの限りでない。
(6)
香料を着香剤として使用する場合の成分名は、「香料」と記載して差し支えないこと。
     
となっています。

その他
無添加BBクリームということだけではなく、現在では天然素材を使っているものや、無香料の商品なども販売されています。

ページトップへ